ブログ

化粧品メーカー空港プロモーション什器

ふと気付けば桜の季節となっておりました🌸

ブログの更新は大分ご無沙汰しておりまして今年初でございます。
その間に真冬の寒さが和らいで、花粉が全盛期を迎え、
まさに平成が終わろうとしております!!

2月・3月という時期はわたくしどもの業界的には
いちばんの繁忙期となりまして、
この時期の納入に向けて、年明けぐらい(早ければ昨年内)から
様々な動きが出てきます為、諸々バタついておりました。

一月(いちげつ)往(い)ぬる 二月(にげつ)逃(に)げる三月(さんげつ)去(さ)ぬる

1月:行ってしまう〜
2月:逃げてしまう〜
3月:去ってしまう〜

こんなことわざ?にもありますように、1〜3月ってあっという間なのですよねー

この時期に、お引き合いをいただきました物件の中で、
注力させていただく物件を僭越ながら厳選させていただきつつ、
キャパの限り、目いっぱいのご対応にあたらせて頂きました。

本記事はその中からまずひとつ、ご紹介させていただきます。

いつもお世話になっている大手元請け企業様からのご依頼です。
大手化粧品メーカー様向けの空港プロモーション什器です。

元請けさんの営業・製作の各ご担当者はじめ、
この物件に関わる関連業者様で編成されたチームに弊社も組み込んでいただき、
クライアント様への提案資料作成のお手伝い・製作実施図面の作成・現調・製作
支給品の受入れや倉庫内アッセンブリー作業・運送・設置作業・撤去作業まで。

どちらかと申しますと、作図・製作・施工など
それぞれの工程で期間が与えられた中で、その工程ごとの作業に比重をおきながら
ひとつひとつ確実にこなしていくのが得意な弊社ですが、
役割が違う方々と日々都度情報を共有しながらの一連のあわただしい激流に揉まれますと
情報の多さとその取捨にさすがに音を上げそうになりました(笑)

本物件で製作させていただいた什器は、
台数にしますと11台&支給什器に装着するパーツなどでございます。
本体は金物。そこにアクリルやコルトン・照明などが勘合します。

ボリューム的にはそんなでもないよね?と思われる方もおられると思いますが、
什器の形状などを考えますと製作上のスペック的には手間と難易度を要します。
例えば、出隅の処理におきましても形状的に曲げ加工が出来ない為、
10oスパンで溶接した後に、パテをして溶接ラインをならすという作業を
何度か行って塗装前にシームレスな状態に仕上げるという細かい手間がかかっております。

本体パーツが全て仕上がってからも、さらに大仕事です。
製作パーツを一旦倉庫に全て納入し、配線通し、電気工事、アクリルの取付などのアッセンブリー作業を行います。
台数にしますと11台と申しましたが、
組み上がった状態で11台ですので、組む前の状態はバラバラのパーツなわけです。
金物・アクリル・その他の素材において別々の工場で製作した物をまとめあげて完成形にして現場に納める、
という事が弊社の強みでもあります。
それをやる為には、やはり納まり・取り合いがしっかり指示された図面と製作管理がキモだと考えます。
全てまとめてくれるところに丸投げならともかく、
異素材を分離で発注するという事は、本来は取り合いの細かいところまでの指示が必要となるのです。

そして本件のプロモーションのメインとなられますご支給什器が約8セット。
海外からはるばる送られてきたのですが、このご支給什器の扱いがまた大変でございました(汗)
簡単に申しますと機材やLEDを仕込んで映像を映し出す箱なのですが、
海外製造品の為、製造元でないとセッティングの作業が出来ない為、
外国人の作業者も倉庫に数日こられて作業をする事に。
倉庫作業は1週間あまり。なかなかバタバタな作業となりました。

   

上記のお写真は、製作什器やご支給什器のアッセンブリー途中の状態を倉庫内で撮影したものです。

設置作業は2空港で8か所。各スペースに製作什器とご支給什器が数台ずつ納まります。
納入日が数日ずれるスペースもございましたので、
出荷は2回に分けてトラックは4車。

1空港で同日複数箇所への設置もあった為トラックは混載でしたが
混載は受入れ先で間違いがないよう配慮するのに神経を使い、
さらにご支給品が機材関係なので扱いにも細心の注意が必要な為、
出荷にも神経が磨り減る思いでございました(笑)

下記はそれぞれのスペースでの設置写真の一部です。

     

期間限定設置の為、納入してほどなく今度は撤去作業も始まりました。
スペースにより設置期間は若干異なるようですので
短いところは2週間、長いところは1ヶ月ぐらいなのでしょうか。
撤去作業の後、製作什器や支給品を指定倉庫に戻すまでが一連のミッションという流れです。
メーカーさんのイベント自体は今度は5月にあられるという事で
次への動きとして提案資料やお見積りなど諸々の準備に突き動かされている今日この頃でございます。

1度で終わりではなく年内は何度か続くお仕事のようですので
そういったご案件に携わらせていただく事はとても有難い事です。

この一連のローテーションも大変でしたが、きっと初回よりも2回目の方がうまく激流に乗れそうです(笑)
そして、製作什器の改善点のご指摘もいただきましたので、
真摯に受け止め、次回はより一層ご満足いただけるよう精進してまいります☆

什器のお写真は、いつものように堂々とお載せする事は控えさせていただきますが、
ボカシをいれつつお差支えないで範囲で雰囲気だけご紹介させていただきました。

【オマケ】

本件の現場がひと通り納まったある日、
ご担当さんと関係者のみなさまによる打ち上げの会に参加させて頂きました!
石山の安堵でゆるんだ笑みと設計高橋のサムズアップを載せておきます(笑)

またよいお酒が飲めますように♬

 

【特注家具・什器製作専門 株式会社STプラネット】
STプラネットへのお問い合わせは、お電話・FAXもしくはメールフォームからお願い致します。

お電話での問い合わせ:03-6903-7057
FAXでの問い合わせ:03-6903-7157
メールでのご連絡はこちら

STプラネットへのお見積り・ご相談はこちら

Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE