ブログ

木製外看板 製作&取付工事

シトシトと雨が降り注ぐ梅雨真っ只中のとある日に、
看板取付工事を行いました。
現場はどこかと申しますと静岡市内に新たに構えた
弊社の保管倉庫兼作業場でございます。

   

お客様の什器の一時保管などが発生する事が多い為、
これまでも必要に応じて必要な期間とスペースをお借りしつつ確保してきたのですが、
什器の保管以外にも、アッセンブリー作業をするスペースの必要性も高まってきました為、
弊社の占有スペースとして作業場を設ける運びとなりました。

古い建屋ですがとても広く、倉庫スペース以外にも事務所スペースもございますので
保管や作業以外の仕事もこなせるように、
弊社の静岡オフィス的な機能も満たせるように整えていこうと計画しておりました矢先に
コロナの件もございまして急がない不急の部分のテコ入れは未だ後回しとなっております(笑)

倉庫・作業スペースの方は、協力社さんなどのご厚意もあり照明器具やラックなどを設置して
既に機能しております。

   

看板はと申しますと、既に3月にはデザインや仕様は決めていて
無垢材の切り文字など先に段取りを進めつつ、
本体自体はGW明けには完成していたのですが、
県をまたぐ不急の移動が自粛中でしたので、取付工事が先送りになっておりました。
そして6月に入り自粛が明けたタイミングで雨の中の取付け工事となりました。

看板はこんな感じです。

 

倉庫の建屋のレトロ?な雰囲気に合わせつつ、
ベース板にはフシ入りの杉材を使用。枠と文字はウォールナット材、ロゴマークはオーク材。
外看板なので風雨にさらされて劣化してもそれはそれで味が出て雰囲気が出るような仕様にしております。

まずは看板を支える金物を取付け下準備。
看板のサイズは幅3メーター・高さ1メーターほどですが見た目以上に重量があるので
万一、落下でもしたら大変ですので本体側と建物の壁面の両方に金物を取付けて、しっかり固定します。

 

今回取付けをしてくれましたのは、お世話になっている協力社の職人さん達ですが、
金物を作って下さった職人さんと、看板本体を作って下さった木工の職人さんの異種合わせ技です(笑)

金物の職人さんは看板は本業ですので取付けもお手の物。
足場の段取りなどかなり手慣れており、そこに社長石山も加わり少数精鋭での取付工事となりました。
ちなみに高所作業なのでヘルメットは必須でございますね。

   

男性3人と言えど高所作業で重量物を持ち上げるのはかなり重そうでした。
ましてや雨で足元も手元も滑りやすいので大変だったかと思います。

そしてめでたく取付完了。
黄色の外壁とえんじ色の屋根に何気にマッチしています(笑)
製作・取付にご協力下さった職人さんには悪天候の中本当に感謝です☆

この記事を書いておりますのは
取付け工事から約5ヶ月経過した11月後半でございますが、
その後、建物にも馴染んで風雨にさらされながらよい感じに年月を重ねております。

手付かずにしておりました倉庫内の事務所の方も
手を加えておりますので、その記事はまた別の機会にご紹介できますと幸いです。

そして作業スペースの方もフルに活用しておりまして
お客様の幅広いニーズにお応えする事が今まで以上に出来るよう、
ご対応の幅をより広げていくべく体制を整えている所存です。

【特注家具・什器製作専門 株式会社STプラネット】
STプラネットへのお問い合わせは、お電話・FAXもしくはメールフォームからお願い致します。

お電話での問い合わせ:03-6903-7057
FAXでの問い合わせ:03-6903-7157
メールでのご連絡はこちら

STプラネットへのお見積り・ご相談はこちら

Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE