ブログ

空港内免税店什器

総合内装会社様からの什器製作のご依頼です。
空港内の店舗改修工事は今色々と動きがあられるようで、什器工事部分におきましては、入札見積のご協力なども時折させて頂いております。

今回ご依頼いただいた什器も、お見積り協力させて頂いた什器の一部でしたが、コストなどの関係で一度は他社様が製作される事に決まっておられたようですが、色々ないきさつがあられたようで、今回弊社にお声をかけていただいた次第です。

製作させていただいた什器は2アイテムで、L型で長めの収納什器一式と、同じくL型に連結する長めの商品陳列什器です。

陳列什器の方はメラミンの貼り分けが特徴的でしたのでチラッとご紹介させて頂きます。

 

工場で仮組みした木工部分の全体写真です。左は正面、右が背面の仕上げになります。

下台はこぼれ止めが付いた天板と側板・方立の枠の中にトロッコ(可動式の引出し)が収納されています。
その上にはガラスの棚板や棚照明・ラインコンセントなどが付くのですが、アッセンブリーは現場、もしくは中継納品先の倉庫でなさる事になっています。

   

こうして仮組みしておりますが、運送する際や現場にて搬入可能なサイズには制限がありますので、製作上は分割製作、さらには現場で連結後に仕上げる部材の準備などもなされております。
完成形で製作し、そのまま運べて搬入出来るに越した事はないのですが長ものは必然的にそうなります。

この什器の特徴は何といってもメラミンの貼り分け・柄合わせです。

背面は白とブルーの市松模様に貼り分けされておりますが、このメラミンにはさらに六角形の数種類の和柄の模様が入っておりまして、4枚のジョイント部分が綺麗な六角形になるように、さらにはジョイント面の柄が全てあうように貼り合わせています。

アップでみると下の写真のように柄と形が綺麗に合っております!!

手掛けた職人さんも、この作業はさすがに少し痺れたようです。
引きでみるとこのご苦労があまり伝わりませんのでアップで載せてみました(笑)

トロッコの方も、ゴールドと木目の市松模様で和を強く感じる配色でございました。

このゴールドのメラミンはあまり使っているのを見たことがなかったのですが、質感もメタル調で輝いています。
シルバーのヘアライン調のメラミンはたまに使うのですが、それと同様にこのゴールドの化粧板にもヘアラインのような目があります。

白と青の貼り分けの和柄メラミンは色違いなので同じ厚みでしたが木目とゴールドの貼り分けのメラミンは厚みが微妙に違うので、そこにも若干配慮が必要だったようです。

免税店舗の什器は過去にも納めさせていただいた事がありますが、多くの方がご利用になりとても公共性が高い場所なので色々と設計上も決まり事があられるようです。

例えばコーナーの部分。アクリルのコーナーガードが埋め込まれています。
アクリルは後付けではなくアクリルを取り付けてからのメラミン後貼りです。
製作上もプラスのひと手間ふた手間がかかるというわけでございます。

もう1アイテムの収納什器の方も、仕上げに定評のある協力工場さんで製作しました。
化粧板の仕上げの良し悪しって、明らかな悪さは誰にでも分かるのですが良さが分かる方って実際は元請けさんでもそんなに多くはないんです。
品質の評価ってそういうところなのでそこに付加価値を見出してもらえるとよいなと思う次第です。

 

写真は製作途中です。こちらの什器は特に現場寸法との絡みがある什器になりますので、現調寸法を元に製作図を工場にて書き起こし現場で調整がきくような配慮と部材の用意をし、施工説明書きも添えて什器を送り出しております。

 

と、申しますのも、納品先が現場ではなくご指定倉庫でしたので、現場施工は別業者様になります。ご依頼元様を介しております為、施工サイドに直接の申し送りが出来ないまま製作→施工までに色々と経由するというのは什器を送り出している製作サイドからしますと少し心配な事ではあります。

置くだけの什器ならよいのですが、施工が絡む什器を現場納入前に引き渡すというのはなるべくなら今後は避けたいなと改めて思った次第です。
製作をお受けした什器に関しては自社手配の手で責任を持って納めたいという思いからです。運送中・搬入中・施工中のキズ・破損というのは、まま起こりうる事でもございますので。

話は戻りますが、メラミンの柄合わせは大変でしたがとてもヤリガイのある作業でしたと職人さんが言っておりました。

木目の目合わせならよくあるのですが、こういう数種類の柄と形を合わせるというのはレアなケースだったと思います。

今回お声をかけて下さったご依頼元様にも改めて感謝です☆

【特注家具・什器製作専門 株式会社STプラネット】
STプラネットへのお問い合わせは、お電話・FAXもしくはメールフォームからお願い致します。

お電話での問い合わせ:03-6903-7057
FAXでの問い合わせ:03-6903-7157
メールでのご連絡はこちら

STプラネットへのお見積り・ご相談はこちら

Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE