ブログ

某スポーツ用品店用 大型カウンター製作事例

東京豊島区の株式会社STプラネットです。
都内の某スポーツ用品店舗のカウンター製作のご依頼を頂きました。

売り場面積がかなり広い大型店舗様のようで、カウンターもメインカウンターをはじめ、長ーいカウンターが数種類。

同じ店舗に納める什器は、形や大きさは異なってもそのお店のイメージで配色などを合わせたパターンが多いのですが本件はそれぞれに雰囲気の異なるカウンターで、しかもどれも連結モノで長い!!

お店は平面図をみてもかなりの広さが伺えるので、コーナーごとに雰囲気を変えておられていて、意匠は、コストはおさえつつも凝っておられました。

長い什器は、現場の搬入条件を考慮した分割位置の確認や、現場での連結作業がキモ になりますが、今回弊社へのご依頼は製作・運送まで、現場施工はご依頼元様なので、施工サイドのご意向を伺いながら、工場でどこまで仕上げておき現場で連結してから仕上げる部分などの取合いや 現場で施工しやすいような配慮、部材の用意などは自社受けで施工するよりも配慮を要します。

私たちの立ち位置は、工場に落とし込む前の段階で頂いた図面から製作上の質疑をあげ、不明点をクリアにしてからタイムロスなく工場に製作にかかってもらえるようにするのが理想 なのですが、落とし込んでからの修正変更やさらなる不明点・矛盾点などがやはり決まって出てきますので、その確認・回答待ちなどのタイムロスが生じると結局、手が止まってしまいますので製作納期が短くなってしまうものなのです。

いつも思う事ですが、やはり作り手さんは誰よりも図面を読み込んでいますから、書き手さんすら気づいていない指摘や質疑が出てきます。

弊社のお願いする工場はそういう面でも多大な信頼をおいています。

では、製作させて頂いた什器をちらっとご紹介いたします。

製作した什器のご紹介

カウンター(1) 製作途中:内側

 

 

 

カウンター(1) :外側

 

 

 

メインカウンターは連結すると10メーター近くあるコの字型ですが、現場のエレベーターサイズの関係でかなり分割製作しています。

外側の化粧板の仕上げは写真では分かりにくいのですが、テトリスのように細いパーツで縦横規則的にブロッキングされており目地なしの突きつけで貼り分けしてあります。
出隅には金物が回っています。

カウンター(2) :内側

 

 

 

カウンター(2) :外側

 

 

 

こちらのカウンターの外側の仕上げは底目地で白ラインが入っています。
工場で仮り組みされていますが、こちらも分割製作でコーナー部分を留めに割っています。

カウンター(3)

 

カウンター(4)

 

こちらのカウンターの腰も細長いパーツを斜めに突きつけ貼り。木目が斜めに流れてみえます。

 

こちらは木目化粧板を貼った上からレザー調の化粧板を格子のように上貼りしています。メインカウンターの金物の見切りと同じように見えますが、素材が違うのです。

カウンターバック収納(製作途中)

 

 

 

こちらも連結すると8メーター以上ある収納棚です。

 

 

どれも工場にて撮影した納品前の写真です。

広いお店でこれだけの長いカウンターが何台も納まると見応えがあると思うので、連結して現場に納まった様子を機会があればお客さんとしてお店を見に行こうかと思います。

今回のご依頼元様は、作り手サイドの事もご理解が深いので、質疑のレスポンスも早く設計様との仕様上のご調整も臨機応変に配慮下さり大変助かりました

 

【特注家具・什器製作専門 株式会社STプラネット】
STプラネットへのお問い合わせは、お電話・FAXもしくはメールフォームからお願い致します。

お電話での問い合わせ:03-6903-7057
FAXでの問い合わせ:03-6903-7157
メールでのご連絡はこちら

STプラネットへのお見積り・ご相談はこちら

Mail
ページ
最上部へ
TOP
PAGE